高崎市の歯医者「しんがい歯科医院」の症例紹介・医院ブログ

お知らせ

キシリトールでむし歯予防?

みなさんこんにちはしんがい歯科医院^ ^受付の小棚です。

よくガムなどで、キシリトールって言葉を耳にしますよね?聞いたことはあるけど、

『キシリトールって何だろう?』

『どんな成分でできてるの?』って疑問に思ったことはないでしょうか(^。^)?

 

 

今回はキシリトールについて書きたいと思います。

キシリトールとは、糖アルコールの一種で天然の代用甘味料です。天然のものなので、多くの野菜や果物にも入っています。

でも、甘味料なのになぜ虫歯予防に良いって言われるんでしょうか。疑問に思いますよね。

 

ガムなどに用いられるキシリトールはこれらの野菜や果物から取れたものではなく、白樺やとうもろこしの芯を加工して作られているものを使っています。

 

キシリトールが虫歯予防と言われる理由は2つあります。

1つは、酸を作り出さない糖であること。

2つめは、虫歯の原因菌である*ミュータンス菌の活動を甘味料の中で唯一弱められるという性質があるということです。

 

 

*ミュータンス菌とは・・・・

虫歯菌です。歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着し、糖質から酸を作り出します。
その酸が、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かして歯をもろく、スカスカにしてしまいます。

ミュータンス菌はキシリトールをどんどん取り込むので、ミュータンス菌の働きが弱くなっていきます。
そのため、長期的にキシリトールを取り込んでいると、ミュータンス菌の繁殖力が弱くなって虫歯のできにくい口腔内の状態になるのです。

 

これが、キシリトールが虫歯予防に効果があるという理由です。

 

どのガムでもキシリトール100%で虫歯予防になるの?

お店でも、キシリトール入りのガムを見かけると思いますが、実はキシリトールが100%はいっているということはありません

 

 

 

キシリトールが100%ではないということは・・・
他の甘味料が入っているということなので、それによってミュータンス菌は酸を作り出し、虫歯を作り出してしまうことがあります(*_*)

 

 

しんがい歯科医院のキシリトールガム

しんがい歯科医院ではキシリトール100%のガムを置いていますので、お試ししてみてはいかがでしょうか(o^^o)

 

しかし!キシリトールのガムを食べていれば、虫歯にならないわけでも、虫歯が治るわけでもありません。

 

やはり、虫歯にならないようにするために一番大切なことは・・・毎日のブラッシングをしっかりとすること!

 

 

キシリトール以外のむし歯予防の歯磨き粉

しんがい歯科医院では、虫歯を防ぐフッ素が多く配合されている歯磨き粉もあるので、歯磨きと一緒に使って頂くとより効果的です^_^

 

永久歯の生え揃った成人用です!

3歳〜小学生におすすめ!です、色々なフッ素濃度や味があります!

フッ素の種類も違いますし、味もお好きなものを選べます!

色々ありますので、遠慮なくご質問ください、歯磨きをしっかりして虫歯0を目指しましょう!