高崎市の歯医者「しんがい歯科医院」の症例紹介・医院ブログ

治療に関するQ&A

神経の無い歯は歯周病の進行が早い?

こんにちは!
衛生士の栁澤です♪( ´▽`)

今回のブログは、

Q神経の無い歯は歯周病を進行させるのか?

とういう内容です。

このレントゲン写真の患者さんは根の治療をしているところが局所的に骨の吸収がみられますね。

日々患者さんのお口の中をお掃除したりなどの、メンテナンスをしていて疑問に思うこととして、

「神経の無い歯は神経の有る歯と比べて弱いと思うから、歯周病の進行もはやいのでは?」と思い調べてみました。(^O^)

一般的に言えることとしては、

神経がある歯は象牙質が露出しても、歯髄の内圧が高く、象牙細管を歯髄液が根面方向へ流れていることから、

細菌侵入されにくいと言われています。これは外傷を受けた歯においても言えることで、外傷を受けた歯に関しては、歯根膜などがダメージを受けて防御層の象牙前質、セメント前質が喪失していることもありますので、

一旦歯髄が機能を失って血流がなくなると、容易に象牙細管内を細菌や細菌が産生する毒素などが行き来してしまうようになります。

その結果、歯根表面を溶かしてしまう、外部吸収などが生じてしまうこともありますので、とても注意が必要です。

 

 

そうなると、神経の無い歯は露出した象牙細管に細菌が侵入してしまい、それによって歯周病の進行を進めてしまうのでは無いか?

と言う疑問が生じます。

 

この疑問についてmiyasitaらが1998年に発表した論文があり、この論文の結論からわかることは

有髄歯か無髄歯かは辺縁歯槽骨の吸収に影響を与えない。

ということでした(о´∀`о)

また、次に疑問が生じてくるのは、

Q1,歯周ポケットがある歯は、果たして歯周病の治療のみを行えば良いのでしょうか?

Q2,すでに根の治療がされている時や、歯の神経に問題があった場合は、根管治療と歯周治療どちらが必要になるのでしょうか?

Q3,歯内ー歯周病変については、どのような分類があって、特徴や治療法はどのようなものなのか?(Simon 1972の5つの分類について)

それらについては次回以降のブログでまとめていこうと思います。