むし歯治療なら高崎市の歯医者「しんがい歯科医院」におまかせ

むし歯治療

むし歯を防ぐためには、まずはむし歯について知りましょう

むし歯ができるしくみ

むし歯とは、よくあるお口の病気。「毎食後歯をきちんとみがかないとむし歯になる」と言われていますが、実際にそのしくみをご存じの方は少ないのではないでしょうか。

むし歯は、次のような3つの要因が重なり合い、時間が経過することによって発症します。

むし歯の原因

このような状態を招く直接的な原因は、次のとおりです。

  • 糖分の過剰な摂取
  • 食生活の乱れ
  • 不十分なブラッシング
  • 咬み合わせの乱れ (ブラッシングがしにくくなるため)
  • 歯質の弱さ  など

むし歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0C0 ごく初期のむし歯イメージ
ごく初期のむし歯
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。
まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。
適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1C1 エナメル質のむし歯イメージ
エナメル質のむし歯
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。
冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。
むし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2C2 象牙質のむし歯イメージ
象牙質のむし歯
エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。
冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。
むし歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3C3 神経まで達したむし歯イメージ
神経まで達したむし歯
神経までむし歯が進行した状態。
熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。
神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰めるクラウン(被せ物)を被せます。
C4C4 歯根まで達したむし歯イメージ
歯根まで達したむし歯
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。
神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿がたまると再び痛みが出ます。
多くの場合、抜歯が必要です。
抜歯後、インプラント入れ歯などで失った歯の機能の回復を図ります。

むし歯は、原因がはっきりしているため、予防できる病気です。
むし歯にならないためには、日々原因を意識して口腔ケアを心がけ、さらに予防歯科で適切な処置を受けることが大切です。

PAGE TOP