審美歯科・ホワイトニングは、高崎市の歯医者「しんがい歯科医院」におまかせ

審美歯科

白く美しい歯で笑顔に自信を取り戻しましょう

目立たない詰め物・被せ物を

むし歯治療の際に用いる詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)には、従来、当たり前のように金属が使われてきました。
しかし、白い歯の中で金属の銀色や金色はとても目立つもの。
そのため、最近では見た目が重視された白い素材「セラミック」を用いた治療が選ばれるようになっています。

セラミックは天然歯の自然な透明感や白さを再現できるだけでなく、強度にも優れています。
さらに、歯と歯ぐきとの境目を黒ずませたり、金属アレルギーを招いたりといった金属のデメリットもありません。

当院のセラミック治療&その他の審美治療

オールセラミックオールセラミック セラミックのみでつくられた素材。天然歯にとても近い透明感と白さを再現できます。また強度にも優れています。
ハイブリッドセラミックハイブリッドセラミック セラミックに、歯科用プラスチック樹脂をかけ合わせた素材。
咬み合う歯にやさしいのがメリットですが、年数を重ねると多少の変色が現れる可能性があります。
ジルコニアジルコニア 人工ダイヤモンドにも使われるジルコニアでつくられた素材。
オールセラミックより、さらなる美しさを追求できます。
また強度も金属並みに高く、奥歯にも適しています。
メタルボンドメタルボンド 金属の土台に、セラミックを焼きつけた被せ物。
セラミックの美しさに金属の強度が加わり、奥歯に適しています。
ファイバーコアファイバーコア 被せ物をする際、補強のために人工の土台(コア)を入れる必要があります。
これまでは金属製のコアを用いていましたが、審美歯科で用いるのは、人工歯の素材の美しさを損ねないグラフファイバー製の「ファイバーコア」。
しなやかなため歯根を傷めず、金属アレルギーの心配もありません。

PAGE TOP

症例紹介

症例1

術前
審美歯科 症例1(術前)

→

術後
審美歯科 症例1(術後)

症例2

術前
審美歯科 症例2(術前)

→

術後
審美歯科 症例2(術後)

症例3

術前
前歯の審美障害でいらっしゃいました。
以前の根の治療が不十分なのがみてとれます。

施術前
術中 1
よけいな細菌が入らないように注意して根の再治療を行いました。
根管再治療
術中 2
根管の中から出てきた、細菌に感染している薬です。これを顕微鏡を用いて丁寧に除去しました。

根管の中から出てきた、細菌に感染している薬
術中 3
根の長さをはかり、最終的な新しい薬の試適後、根の先まで過不足無く新薬を詰めました。
新しい薬の試適後、根の先まで新薬を詰める
術後
その後、根の中からホワイトニングを行い審美性の改善を行いました。
根管治療後、ホワイトニング施術

PAGE TOP

PAGE TOP

ホワイトニング

白く輝く歯を手に入れましょう

歯を白くきれいにしませんか?

歯は、食べ物や飲み物に含まれる色素や喫煙などによって、年を重ねるごとにどうしても変色してしまうもの。歯の色が気になって、つい口元を隠してしまう……という方は少なくありません。

そんな方におすすめなのが、ホワイトニング。これは、薬剤を使って歯の色を白くする処置で、かつてのように歯を削るといったリスクがなく、とても安全です。ホワイトニングで歯を白くし、笑顔に自信を取り戻しませんか?

PAGE TOP

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングがあります。
その違いを比べてみましょう。

  オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
  オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
処置 歯科医院で、高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、特殊な光を照射して歯を白くします。 歯型を採ってつくった個人専用のマウスピースにご自宅で低濃度のホワイトニング剤を注入し、それを装着して歯を白くします。



  • 効果が出るのが早い
  • 1回の通院で、ある程度の効果が現れる
  • 医師、または歯科衛生士による処置となり、安心できる
  • 効果が長持ちする
  • ご自宅で、自由な時間に行える
  • 奥歯まで、すべての歯を白くできる




  • 何回かの通院が必要
  • 奥歯には適用できない
  • 効果が出るのに時間がかかる
  • マウスピースに違和感を覚える場合がある

PAGE TOP

ホワイトニングの注意事項

ホワイトニングを行う際には、医師の指示に従い、次の点に注意してください。

  • 効果には、口腔内環境などによって個人差があることをご了承ください。
  • マウスピースを装着した状態での飲食はお控えください。
  • ホワイトニング期間中は歯が再着色しやすくなっていますので、色素の強い飲食物の摂取や喫煙は避けてください。
  • むし歯や歯のヒビなどの症状がある場合には、ホワイトニングはできません。先にそちらの治療を終えてからになります。
  • 妊娠中の方には、ホワイトニングはおすすめできません。
  • 歯の変色の原因がテトラサイクリン(抗生物質)の摂取による場合には、十分な効果を得ることができません。
  • ホワイトニング後は、効果を長持ちさせるためにきちんとメインテナンスを受けましょう。

PAGE TOP

症例紹介

症例1

術前
ホワイトニング 症例2(術前)

→

術後
ホワイトニング 症例2(術後)

PAGE TOP