インプラント治療・入れ歯は、高崎市の歯医者「しんがい歯科医院」におまかせ

インプラント

"天然歯と変わらない見た目と機能がよみがえる――

歯を失ってもインプラントがあります

インプラント

歯とは、たとえ1本だけを失ったとしても、そのダメージはとても大きいものです。そんなダメージをものともしない治療として、近年注目されているのが「インプラント」。
歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せて歯の機能を取り戻す治療です。

チタンは生体親和性に優れた素材で、顎の骨にしっかりと結合するため、本物の歯と変わらない咬み心地がよみがえります。
また、セラミック製の人工歯によって自然な見た目を再現できることから、インプラント治療は多くの方に選ばれています。

ほかの治療との違い

失った歯の機能を取り戻す治療には、次の3つがあります。
それぞれのメリット・デメリットをふまえ、適切な治療を選択しましょう。

  インプラント 入れ歯
(保険適用の場合)
ブリッジ
  インプラント歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。 入れ歯1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。 ブリッジ横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。



  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される




  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

近年とても人気のあるインプラント治療ですが、どんな治療が適しているかは人それぞれです。
インプラント治療に抵抗を感じられる方には、オーソドックスな入れ歯(義歯)による治療をおすすめしています。

PAGE TOP

歯科用CTを使用した正確で確実な判断

歯科用CT

従来のレントゲンは2次元的な情報でしたが、歯科用CTを用いると3次元の情報が得られ、立体的に歯根形態、骨の形態、神経の位置がわかります。
したがって、インプラント処置の術前・術中・術後の診査診断は勿論のこと、歯周病での骨の診査、歯根の病巣や破折の状態、埋まっている親知らずの診査など、多岐にわたる診断が可能になります。

PAGE TOP

インプラント治療の流れ

インプラント治療には、手術が1回で済む「1回法」と、2回に分けて行う「2回法」があります。それぞれの流れをご紹介します。

  • 1回法の流れ
  • 2回法の流れ

1回法の流れ

【1】カウンセリング

カウンセリング
まず、インプラント治療に対する患者様のご要望をしっかり伺います。

↓

【2】検査・治療計画

検査・治療計画
口腔内の状態を診察し、CT撮影など治療に必要な検査を行い、その結果をもとに、治療計画を立てます。
なお、むし歯や歯周病がある場合には、先にそちらの治療を行います。

↓

【3】手術

手術
治療計画をご説明し、ご納得いただいたうえで治療に入ります。
まずは歯ぐきを切開し、インプラントを埋め込みます。

↓

【4】

治癒期間
傷が治癒し、インプラントと骨が結合するまで2~3ヶ月の期間を置きます。

↓

【5】人工歯の装着

人工歯の装着
インプラントが骨と結合したら、その上に人工歯を装着します。

↓

【6】定期検診

定期検診
インプラントはお手入れを怠ると歯周病(インプラント周囲炎)を招いてしまうことがあります。定期検診で口腔内のチェックを受け、インプラントをできるだけ長持ちさせましょう。

2回法の流れ

【1】カウンセリング

カウンセリング
まず、インプラント治療に対する患者様のご要望をしっかり伺います。

↓

【2】検査・治療計画

検査・治療計画
口腔内の状態を診察し、CT撮影など治療に必要な検査を行い、その結果をもとに、治療計画を立てます。
なお、むし歯や歯周病がある場合には、先にそちらの治療を行います。

↓

【3】一次手術

一次手術
治療計画をご説明し、ご納得いただいたうえで治療に入ります。まずは歯ぐきを切開し、インプラントを埋め込みます。
※インプラント先端部分を出したままにする1回法に対し、完全に埋め込んだ状態で縫合するのが2回法の特徴です。

↓

【4】

治癒期間
傷が治癒し、インプラントと骨が結合するまで2~3ヶ月の期間を置きます。

↓

【5】二次手術

二次手術
インプラントと顎の骨の結合が確認できたら再び歯ぐきを切開し、インプラントの先端部分を出してその上に人工歯を装着するための連結台(アバットメント)を取りつけて、歯ぐきを縫合します。

↓

【6】治癒期間

治癒期間
切開した部分が治癒するまで、しばらく待ちます。

↓

【7】人工歯の装着

人工歯の装着
傷が治癒したら、連結台に人工歯を装着します。

↓

【8】定期検診

定期検診
インプラントはお手入れを怠ると歯周病(インプラント周囲炎)を招いてしまうことがあります。定期検診で口腔内のチェックを受け、インプラントをできるだけ長持ちさせましょう。

PAGE TOP

恐怖を感じないインプラント治療

静脈内鎮静法とは、うたた寝をしているような状態でリラックスして治療を受けることができる方法です。
ほとんどの場合、いつの間にか手術が終わっていたと いう感じがします。全身麻酔のように完全に意識がなくなるわけではありませんが、手術中のことを覚えていないことが多いため「あっという間に手術が終わっ た。」という患者様がほとんどで、「いつ手術が終わったのかわからなかった。」という患者様もいらっしゃいます。

当院では安全に手術が行われるように歯科麻酔専門医(中野みゆき先生)と生体情報モニターによる徹底した管理・監視で、手術中の患者様の全身状態を細かくチェックしながら行います。
不安の強い方でも安心して手術をお受けいただけます。

PAGE TOP

より確実で安全なインプラント治療

拡大鏡

ノーベルクリニシャンプランによるシミュレーション画像


当院では、インプラント治療をより安全で、正確に行うために「ノーベルクリニシャン」というシステムを導入しております。歯科用CTで撮影した画像をもとに、インプラントの治療計画シミュレーションから埋入まで、一連のインプラント治療の予知性・安全性を更に向上させることができます。これにより患者様の負担軽減と治療の安全性を確率いたします。


PAGE TOP

高度なインプラント治療の紹介

インプラント治療には、さまざまな方法があります。
当院ではさまざまな症状の患者様に対応できるよう、次のような高度なインプラント治療を行っておりますので、安心してご相談ください。

ソケットリフト ソケットリフト 上顎にインプラントを埋め込むのに、骨の厚みが足りない場合に行う治療。
専用の器具によって上顎洞底を押し上げ、上顎洞の下の骨から人工の骨補てん剤を注入して骨の厚みを補います。
GBRGBR インプラントを埋め込むのに、顎の骨量が足りない場合に行う治療。
まず、骨を再生させたい部分に「メンブレン」という膜を入れ、再生できるスペースを確保。
その上で骨補てん剤や自家骨を詰め、骨の再生を促します。
インプラントオーバーデンチャーインプラントオーバーデンチャー 2~4本の小さなインプラントを顎の骨に埋め込み、入れ歯の土台にする方法です。現在使用している入れ歯をしっかりと固定できます。
即時加重 即時加重 通常のインプラント治療では、抜歯してから歯ぐきがふさがるまでの間は治療ができませんでした。しかし、抜歯即時インプラントなら抜歯とインプラントの埋入を同日に行えるため、歯がない期間がありません。
ショートインプラント 通常より短いインプラントを用いたインプラント治療。下顎で神経や血管の通る部位が埋入箇所に近いケースや、上顎で骨の厚みが不足している場合などに用います。
フラップレス 通常のインプラント治療は歯ぐきを切開し、顎の骨に穴を空けてインプラントを埋入します。これに対しフラップレスは、メスを使わずほんの小さな穴を空けて手術を行います。歯ぐきを切ったり縫ったりしないため手術時間が短く、術後の腫れや痛みが少ないのがメリットです。
グラフトレス ソケットリフトやGBRなどによる骨移植や骨造成を行わずにインプラント治療を可能にする術式です。ショートインプラントを用いたり、インプラントを斜めに埋め込んだりといった方法を採ります。
当院では患者様の負担を軽減できる「グラフトレス」によるインプラント治療をご提案しております。

PAGE TOP

症例紹介

下顎臼歯インプラントの症例

術前
下顎臼歯インプラントの症例(術前)

→

術後
下顎臼歯インプラントの症例(術後)

上顎臼歯インプラントの症例

術前
上顎臼歯インプラントの症例(術前)

→

術中
上顎臼歯インプラントの症例(術中)

→

術後
上顎臼歯インプラントの症例(術後)

インプラントと矯正を併用した症例

術前
インプラントと矯正を併用した症例(術前)

→

術中
インプラントと矯正を併用した症例(術中)

→

術後
インプラントと矯正を併用した症例(術後)

PAGE TOP

義歯

失った歯を取り戻すために

自分に合った入れ歯を見つけましょう

「入れ歯は、多少ずれたり、違和感があったりするもの」と思ってはいませんか?
そんなものだとあきらめ、痛みを我慢してはいませんか?
入れ歯の不具合には必ず原因があるため、口腔内の詳細な診査をして原因を突き止め、精密なものにつくり直せば痛みや違和感は軽減できます。

また近年では、さまざまな種類の入れ歯が開発されており、一人ひとりの口腔内の状態により適したものを追求することが可能です。

「自分に合った入れ歯」を見つけたい方、入れ歯についての不満をお持ちの方は、お気軽に当院にご相談ください。

総入れ歯と部分入れ歯の違い

総入れ歯総入れ歯 歯をすべて失った場合につくる入れ歯。かつては咬み心地や発音などに支障が生じがちでしたが、近年では開発が進み、つけ心地のよい入れ歯をつくることが可能です。
部分入れ歯部分入れ歯 歯を部分的に失った場合につくる入れ歯。バネなどを使って健康な残歯に固定させるため、その歯に負担をかけてしまうことがあります。

PAGE TOP

保険と自費の入れ歯の違い

入れ歯には、保険適用内でつくる入れ歯と、全額自己負担でつくる自費の入れ歯があります。保険の入れ歯では、使用できる素材や様式がかぎられますが、安価に短期間でつくることができます。
一方自費診療の入れ歯なら、費用はかかるものの使用できる素材の選択肢が大きく広がり、見た目や快適性を追求することが可能です。
その違いを比較してみましょう。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
  保険の入れ歯 自費の入れ歯
使用できる素材がかぎられ、残った歯との見た目に違いが生じる。 天然歯と変わらない透明感や白さを再現できる。
歯ぐき 基本的な形態にかぎられる。 汚れがつきにくく、装着感のよいものをつくれる。
素材はレジン(歯科用プラスチック樹脂)のみ。
厚みがあるため違和感があり、食べ物の味や温度を感じにくい。
金属など素材が選べ、薄くつくることもできるため、違和感を軽減したり、食べ物の温度や味覚を感じやすくしたりできる。
維持装置 装着時に違和感があったり、他人から見えやすかったりする。 留め金がないものや、目立たないもの、また装着時の違和感を軽減させたものなどをつくれる。
総合的評価 装着感や見た目、味覚など、多少劣る部分もあるが、費用を抑えて基本的な機能を回復できる。 装着感や見た目、味覚などを追求できる。また耐久性にも優れ、口臭などの問題も起きにくい。

当院の取り扱い入れ歯

レジン床義歯レジン床義歯 保険が適用できる、床部分がレジンでできた入れ歯。
装着時の違和感が生じるなどといったデメリットがありますが、基本的な機能は回復できます。
金属床義歯金属床義歯 床部分が金属でできた入れ歯。床が薄くつくれるため、装着時の違和感を軽減でき、また熱伝導率が高いという金属の性質から、食事の温度を感じやすくなります。
当院では、チタン、コバルトクロムを使用しています。
ノンクラスプデンチャーコーヌスクローネデンチャー 入れ歯を固定するバネのない入れ歯。
目立たない上に隣り合う健康な歯に負担をかけません。また、バネによって生じていた痛みも軽減されます
コーヌスクローネデンチャーコーヌスクローネデンチャー 茶筒のふたのように、筒状の冠をはめ合わせる構造になっている入れ歯。
通常の部分入れ歯のようにバネがないため、見た目が自然です。
マグネットデンチャーマグネットデンチャー 強力な磁石によって固定させる仕組みの入れ歯。
歯根と入れ歯の内側に強力な磁石が取りつけられているため、簡単にズレることはありません。
また見た目も自然です。

症例紹介

咬合崩壊している症例

術前
下顎臼歯インプラントの症例(術前)

→

術後
下顎臼歯インプラントの症例(術後)

残存歯が少ない症例

術前
下顎臼歯インプラントの症例(術前)

→

術後
下顎臼歯インプラントの症例(術後)

咬合平面が崩れている症例

術前
下顎臼歯インプラントの症例(術前)

→

術後
下顎臼歯インプラントの症例(術後)

開発が進み、装着時の快適さも増している入れ歯ですが、やはり本物の歯のようにしっかりと咬みたい、より自然な見た目を手に入れたいという方にはインプラントがおすすめです。

PAGE TOP