矯正歯科、小児歯科は、高崎市の歯医者「しんがい歯科医院」におまかせ

矯正歯科

キレイな歯並びは、見た目だけでなくむし歯、歯周病のリスクも減らします

矯正で歯並びをきれいにしましょう

「歯並びがガタガタなのが気になる……」このようにお悩みの方におすすめなのが、矯正治療です。
矯正治療とは、専用の装置を使って歯並びを整える歯科治療。
歯の機能性を高めつつ、きれいな歯並びへと導きます。口元がきれいになって笑顔が魅力的になる、ブラッシングしやすくなりむし歯や歯周病になりにくくなるなどのメリットがあります。

これまで矯正治療はお子様が受けるものと思われていましたが、成人してからでも問題なく受けられます。
実際、当院でも成人してから矯正治療を受けられる方が増えています。
乱れた歯並びを放っておくと全身に悪影響を及ぼすことがありますので、歯並びが気になりましたらお気軽にご相談ください。

矯正専門医  島津和輔
日本矯正歯科学会認定医
出身:新潟県
経歴:明海大学大学院歯学研究科卒業 歯学博士

乱れた歯並びが体に与える影響

  • ブラッシングしづらいためむし歯や歯周病になりやすくなる
  • 食べ物が挟まりやすいため口臭が発生しやすくなる
  • 発音がしづらくなる
  • しっかりと咬みきることができず丸飲みしがちになり、胃に負担がかかる
  • 咬み合わせがずれて顎の関節に負担がかかる(顎関節症になりやすくなる)
  • 頭痛・肩こりを引き起こすことがある

PAGE TOP

乱れた歯並びの種類

出っ歯 受け口 上下顎前突
(じょうがくぜんとつ)
出っ歯 受け口 上下顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の歯列が下の歯列より前に大きく突き出ている状態。 下の歯列が上の歯列より前に突き出ている状態。 上と下の歯列がともに前に突き出ている状態。
過蓋咬合(かがいこうごう) 叢生(そうせい) 開咬(かいこう)
過蓋咬合(かがいこうごう) 叢生(そうせい) 開咬(かいこう)
咬み合わせが深く、上の歯列が下の歯列を完全に覆っている状態。 歯がデコボコに生えている状態。 咬み合わせても上の歯列と下の歯列の間にすき間が空いている状態。

PAGE TOP

取り扱い矯正装置

目立たないマウスピース矯正(アソアライナー)
マウスピース 透明のマウスピースを使った矯正装置です。 透明なので目立ちにくく、他人に気づかれにくいのが特長です。 また、取り外しできるため、食事やお手入れがスムーズに行えます。
メタルブラケット
メタルブラケット 金属のブラケットを使った矯正装置です。 歯の表側に装置をつけるため目立ちますが、費用を抑えられる、比較的治療期間が短いといったメリットがあります。また、ほとんどの症例に適用可能です。
クリアブラケット
クリアブラケット 透明な樹脂製のブラケットを使った矯正装置です。 目立たないため、矯正装置の見た目が気になる方におすすめです。 メタルブラケットより若干費用が高くなりますが、同等の効果を得られます。

※まず当院で診断をしてから専門医をご紹介させていただくこともあります。

TEL:027-386-6480(電話受付時間 8:30~18:30 休診日 水曜・日曜・祝日)

PAGE TOP

小児歯科

小児からの予防が一生の歯の健康につながります

お子様の歯の健康のために

大人になった時に口腔内が健康であるかどうかは、幼少期の口腔内環境に大きくかかわります。
しかし、お子様自身で自分の口腔内をしっかり管理することは、とても難しいもの。
お子様の大切な歯を守るのは、親御さんの役目です。
日頃の仕上げみがきはもちろん、歯科医院における定期検診や予防処置を積極的に受けさせてあげましょう。

PAGE TOP

お子様のうちから習慣づけましょう

ケーキを食べる子供

むし歯になりやすいかどうかは、生活習慣に左右されると言っても過言ではありません。
小さい頃からの習慣は、大人になるまで影響するもの。
次のことに気をつけ、よい生活習慣をつけてあげましょう。

だらだら食べない おやつの時間を決めず、だらだら食べ続けていると、お口の中は常に汚れた状態になり、むし歯になりやすくなります。
おやつはきちんと時間を決めて食べましょう。
食べ物を選ぶ アメやガム、キャラメル、ソフトキャンディーなど、食べるのに時間がかかる甘いおやつは、むし歯になりやすい食べ物。
こういった物ばかりを食べないよう、キシリトール(※)入りやシュガーレスのおやつなどを選ぶのもいいでしょう。
※キシリトールはむし歯の原因にならないだけでなく、むし歯の発生を防ぎます。
ブラッシング おやつを食べた後には、必ずブラッシングすることが理想的です。
ブラッシングが無理なら、お口をゆすぐだけでも予防に効果があります。
歯科検診 親御さんがしっかり仕上げみがきをしていても、どうしてもみがき残しはあるものです。
歯が生える生後6~7ヶ月目からを目安に、歯科検診に通う習慣をつけましょう。

PAGE TOP

お子様のこんなクセに要注意!

日頃の何気ないクセが、歯並びや顎関節に悪影響を及ぼすことをご存じですか?
歯並びが乱れると、ブラッシングがしづらくなりむし歯になりやすくなってしまいます。
お子様に次のようなクセがないかをチェックし、もしあれば直してあげましょう。

頬づえ
頭の重さがすべて顎関節にかかり、歯並びや顎の発育に影響します。咬み合わせにずれが生じ、お顔の骨格のバランスが崩れてしまうことがあります。
指しゃぶり
指が前歯を前方に押し続け、出っ歯になることがあります。
何かを咬み続ける
爪:常に硬い物を咬んでいることになり、歯や歯ぐきに負担がかかります。 唇:上下のいずれかの唇を咬み続けることによって、出っ歯や受け口になることがあります。 タオルなど:小さいお子様がおしゃぶりの延長でタオルなどを咬み続けていると、上下の咬み合わせがずれたり、出っ歯になったりすることがあります。
口呼吸
口があけっぱなしになることで、舌の位置がずれ、歯並びが乱れることがあります。
また、口腔内が乾燥してだ液量が減るため、むし歯になりやすくなります。
舌癖(ぜつへき)
舌癖とは、食べ物を飲み込む時に舌で前歯を押すなどといったクセのこと。
発音や歯並びに悪影響を及ぼすことがあります。

PAGE TOP

食育について

食事をする子供

食事は、お子様の成長と切っても切り離せない大切なもので、実は歯の健康にも深くかかわっています。
歯を正しく成長させるためには、好き嫌いなく、バランスのいい食事をきちんととることが一番なのです。

また、忘れてはいけないのは「食べ物をしっかり咬む」こと。
「咬む」ことで次のようないいことがあります。

  • 「咬む」刺激が脳にしっかり伝わり、食べ過ぎなどを防ぐ
  • 顎が正しく発達し、歯並びがよくなる
  • お顔の骨格が正しく成長し、顔立ちが整う
  • 食べ物の栄養が吸収されやすくなり、健康になる
  • 味覚が育つ
  • 発音がよくなる

お子様の健やかな成長のために、「食育」について一度見直してみませんか?

PAGE TOP

当院の小児歯科処置内容

当院では、お子様の歯の健康のために、次のような処置を行っています。

ブラッシング指導 ブラッシング ブラッシングは、正しく行えてこそ意味があるもの。
歯科衛生士が正しいブラッシング方法や歯ブラシの使い方などを指導します。
親御さんには仕上げみがきのコツをお教えします。
シーラント シーラント 複雑な溝を持つ奥歯は、食べカスがたまりやすく、みがき残しもできやすいため、むし歯になりやすくなっています。
その溝を歯科用プラスチック樹脂であらかじめ埋めてむし歯を予防する処置が「シーラント」です。
フッ素塗布 フッ素塗布 歯質を強化する効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布することで、むし歯に強い歯にします。
特に、乳歯や生え替わったばかりの永久歯に効果的です。
また、フッ素はエナメル質を再石灰化させるはたらきも持つため、初期のむし歯であれば、これによって治癒が見込めます。
過剰歯の抜歯 過剰歯とは、乳歯でも永久歯でもない余分な歯のこと。歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼす恐れがあるため、多くの場合、抜歯を行います。
なお、ほかの歯に影響がなければ、抜歯の必要はありません。

PAGE TOP

院長からお母様方へ

院長

私が歯医者として一番したくない仕事は、生えたての歯のむし歯を削ることです。
乳歯が生え替わるということは皆さんご存知だと思いますが、それは乳歯がむし歯になって良い、ということではありません。
乳歯にむし歯がないお子様は永久歯も綺麗で、むし歯が多いお子様は永久歯も早い段階でむし歯に侵されてしまいます。

これは、幼若永久歯といって、生えたての永久歯の歯質が柔らかいためです。永久歯の多くは乳歯が残っている状態ではえてきます。
お子様のお口の中にむし歯 が一本でもあるということは、お口の中で細菌を貯蓄しているようなものです。
また、小さなお子様は唾液が多く治療が困難な上に歯磨きも行き届かないので小さいお子様は一度むし歯になると、処置後にも再発することが多いのです。

歯が生えてきたらまず歯医者に検診してもらい、その後も定期健診、フッ素やシーラント(予防充填)などの処置をし、むし歯を絶対につくらないことです。
生えたてと、生え替わりの時期が非常に大事です。
お子様の一生の口腔内環境を決める時期に、是非しんがい歯科医院でお父様、お母様とご一緒にお子様のお口の中を管理させていただければと思います。

PAGE TOP