歯周病治療は、高崎市の歯医者「しんがい歯科医院」におまかせ

歯周病治療

日本の国民病「歯周病」。あなたも予備軍かもしれません・・・

歯周病は怖い病気です

歯周病

歯周病とは、プラーク(歯垢)に棲む歯周病菌が毒素を出すことによって歯ぐきが炎症を起こし、歯を支える顎の骨が溶かされてしまう病気です。
支えを失った歯は、放っておくと最終的には抜け落ちてしまいます。

そんな歯周病は、なんと日本人の約8割がかかっている、または予備軍であると言われている国民病です。
初期の自覚症状がないため、気づかない人が多いのです。

知らないうちにどんどん進行してしまう歯周病。大切な歯を守るために、その脅威を知っておきましょう。

歯周病が及ぼす体への影響

歯周病とは、その影響が口腔内だけに留まる病気ではありません。実は、全身疾患とも大きく関係しているのです。

歯周病が関与している病気

歯周病は感染症であり、細菌が血液を介して体内をめぐることで、糖尿病や高血圧症、また動脈硬化、心筋梗塞、肺炎のほか、早産や低体重児出産などを招いてしまうことがあります。

大変な事態を招く前に、適切な治療を受けることが重要です。

PAGE TOP

歯周病の進行段階

進行段階 症状
歯肉炎歯肉炎イメージ 歯ぐきに炎症が起きている状態。
ブラッシングの際などに出血しやすくなります。
歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。
軽度歯周炎軽度歯周炎イメージ 顎の骨が溶け始めた状態。
歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。
歯周ポケットの深さは、4mm程度です。
中等度歯周炎中等度歯周炎イメージ 顎の骨が半分くらい溶けた状態。
歯を指で押すとグラつきます。
歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。
歯周ポケットの深さは、6mm程度です。
重度歯周炎重度歯周炎イメージ 顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。
歯のグラつきがひどくなります。
歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。
この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。
歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

PAGE TOP

当院の歯周病の治療法

ポケット検査 歯周病が進行すると、歯周ポケットが深くなります。
治療前には歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行状況を調べます。
歯の揺度検査 歯周病が進行するにつれ、顎の骨が溶かされていき、歯はグラつきを増します。
歯のグラつく度合いを検査し、歯周病の進行状況を調べます。
レントゲン検査 目に見えない顎の骨がどれだけ溶かされているかをレントゲン撮影によって調べ、歯周病の進行状況を調べます。
フラップ手術 歯ぐきを切開して、露出した歯根に付着しているプラークや歯石を除去します。

PAGE TOP

歯周病は悪化するほど治療が難しくなり、患者様の負担も増してしまいます。また、歯を失うことになってしまったら、それはとても辛いことです。歯周病は、むし歯と同じく予防できる病気です。予防歯科で適切な処置を受け、大切な歯を守りましょう。

PAGE TOP