群馬県高崎市の歯医者「しんがい歯科医院」の根管治療について

根管治療

大切な歯を残すための治療

歯を残すための根管治療とは

歯の中には、神経や血管の入っている細い管「根管」があります。
むし歯が悪化すると、その中の神経は死んでしまい、そのまま放っておくと、最終的には歯を抜かなくてはならなくなります。

そこで行うのが、死んでしまった神経を取り除いて根管内を消毒し、薬剤を詰める根管治療。とても細かい部分の治療であり高度な技術が必要ですが、これを確実に行うことによって、その歯は抜かなくて済むようになるのです。

当院の根管治療への取り組み

ラバーダム

当院では、根管治療に「ラバーダム」を使用しています。
「ラバーダム」とは、歯に装着するゴムのコートで、治療中に根管内に細菌が入り込むリスクを抑えます。
根管治療中に細菌が入り込んでしまうと、その歯はいずれ再治療が必要になってしまいます。1回で確実な治療を行うためには、ラバーダムが不可欠なのです。

マイクロスコープ

また「歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)」を使用して治療を行っております。

マイクロスコープを使用することで、肉眼の約3~20倍の大きさで患部を確認できます。これにより複雑な根管を把握しながら、より正確で精密な治療が可能となります。

拡大鏡

この他、治療のお時間はしっかり確保し、万全な態勢で治療に望んでいます。
精度の高い根管治療は、当院におまかせください。

根管治療以外でも当院では必ず拡大鏡を使用して治療を行なっており、裸眼で治療することはありません。
他院での治療後、違和感など感じられた方はセカンドオピニオンとしても是非ご相談ください。

PAGE TOP

CASE:高精度な再治療

症例1

以前、根管治療を受けていた歯ですが、レントゲンに黒い影がみられ、叩くと痛みがありました。
当院にて根管治療を行い、見逃された根管まで過不足なく根管治療を施し、黒い影(根尖病変)がなくなりました。根管治療中は新たに細菌が入らないようにラバーダム防湿を確実にするために、漏洩の少ない隔壁を作成し治療回数も極力少なく行いました。

術前

  • 術前1
  • 術前2
  • 術前3

 矢印

術中

術中

 矢印

術後

術後に完全に根の先の病気がなくなっていることがわかります。もちろん患者さんの痛みは無くなり経過は良好です。

  • 術前術前1
  • 矢印

  • 術後術後1
  • 術前2
  • 矢印

  • 術後2

症例2

術前

根管治療前のレントゲン

右上の歯の違和感を主訴に治療になったケースです。
根管治療前のレントゲンは、角度を変えて二枚撮影します。それによって、三次元的に根の管の診査をします。

膿の出口(サイナストラクト)があっても、原因の歯を特定しにくい位置の場合もあり、膿の出口から造影性のあるものを差し込み、レントゲンで確認します。
この場合は奥から二番目の歯が原因であることがわかりました。もしこれを行わないと、間違えて手前の銀歯が原因と思い、治療してしまう事もあります。
確実に診査・診断することがとても重要です。

膿の出口(サイナストラクト)

 

左画像 緑丸部分:
膿の出口(サイナストラクト)

 矢印

術中 1

  • 隔壁(仮の歯)を作成1

できるだけ細菌が入らないよう、治療期間中も歯の機能を損なわないよう、隔壁(仮の歯)を作成し、治療対象の歯を補強します。

 矢印

術中 2

根の長さを測るためのレントゲン

術中は神経の根の長さを確実に測るために、ファイルと言う金属の器具を入れたままレントゲンを撮影します。
当然、ラバーダムを付けたまま撮影します。

 矢印

術中 3

薬を入れる前に、詰める材料を入れて確認

最終的な薬を入れる前に、詰める材料を入れて確認します。

 矢印

術中 4

マイクロスコープで汚れが残っていないかチェック

マイクロスコープで根管の見落としや、汚れが残っていないか拡大(4~20倍)して確認します。

 矢印

術中 5

根管充填レントゲン

治療の後は根の管の中は過不足なく均一に薬を入れます。ラバーダム防湿をしたまま土台を作り、細菌が入らないように速やかに封鎖します。

  • 根管充填前
  • 矢印

  • 根管充填後

 矢印

術後

  • 術前
  • 矢印

  • 術後

膿の出口(サイナストラクト)は綺麗に消失し、患者さんの違和感もなくなりました。

症例3

術前

術前のレントゲンです。二方向から角度を変えて撮影しています。
根の先に黒い病変があり、痛みを訴えていた患者さんです。
根管内に治療用の器具が折れ込んでいる事がわかります。

  • 術前のレントゲン1
  • 術前のレントゲン2

 矢印

術中 1

まず治療用の器具(ファイル)を除去しました。

  • 器具(ファイル)除去前
  • 矢印

  • 器具(ファイル)除去後
  • 器具(ファイル)除去前レントゲン
  • 矢印

  • 器具(ファイル)除去後レントゲン

 矢印

術中 2

その後、通法通り根の長さを測り、最終的な薬を詰める段取りをおこないました。

  • 根管の長さを測る
  • 根管充填

 矢印

術後

根管充填後です。一部根の先が大きく穴が空いていました。

  • 根管充填後レントゲン
  • 根管充填後レントゲン

 矢印

術前・術後の比較

経過をみていると、根の先の病変が小さくなっており今後消失していくことが予想されます。
患者さんの痛みもなくなり経過良好です。

  • 術前術前1
  • 矢印

  • 術後術後1
  • 術前2
  • 矢印

  • 術後2

PAGE TOP

根管治療の流れ

根管治療は、次のような手順で行います。

根管治療の流れ 1

死んでしまった神経を取り除きます

↓

根管治療の流れ 2

専用の器具で根管の長さを測ります

↓

根管治療の流れ 3

根管内をきれいに洗浄します

↓

根管治療の流れ 4

根管内を消毒します

↓

根管治療の流れ 5

根管内に薬剤を充填し、密封します

↓

根管治療の流れ 6

被せ物(クラウン)の土台(コア)を入れます

↓

根管治療の流れ 7

被せ物を被せます

精密根管治療紹介状のフォーマットはこちら

悪化してしまったむし歯を抜かずに残すために、根管治療はとても有効な治療です。しかし、根管治療が必要になるほどにむし歯を悪化させることは、できるだけ避けたいもの。大切な歯をむし歯から守るために、予防歯科で適切な処置を受ける習慣をつけましょう。

PAGE TOP